Skip Header

資産形成(Savings)

資産形成では、さまざまなライフイベントを考えた上で具体的なゴールを設定し、ゴールに向けてお金を貯めます。目先のお金を管理する家計管理と異なり、資産形成は将来のお金を管理します。ゴールの時間軸はおおむね2通りに分けられます。短期的なゴールはマイカーの購入費、旅行代、結婚資金など、長期的なゴールにはマイホームの購入費や子どもの教育費、老後資金などがそれぞれ当てはまると考えられます。

計画通りに資産形成を進められる人は、決して多くありません。明確なゴールを設定していない人もいるでしょう。しかし、特にたくさんのお金がかかるゴールの場合は、長期的なプランニングが大切です。ゴールを設定し、そのために今から毎月いくら貯めるべきか逆算的に日々の生活に落とし込むことで、具体的な資産形成のアクションにつながります。そうすれば自然と将来のお金についても見えてきますので、安心感につながるでしょう。

Fidelity

生涯を見通したお金の収支計画

「人生100年時代」といわれ、平均寿命は延び続けています。長生きすればその分、必要なお金も増えるため、生涯を見通したお金の収支について、しっかりとプランニングする必要があります。ここでは、収入と支出のバランスが大きく変わる、一生のうちに訪れる、3つの大きなステージについて紹介します。

Fidelity

2022/01/17

Fidelity

3つの寿命をあわせて幸せな人生を

メディアなどでよく「人には3つの寿命がある」との表現を目にします。「生命の寿命」、「健康の寿命」、そして「お金の寿命」です。幸せな人生を送るには、この3つをなるべく近づけることが大切、といわれています。

Fidelity

2022/01/17

Fidelity

公的年金 はいくらもらえる?

一般的に、老後の収入といえば公的年金が中心です。どのぐらいもらえるのか、ご存じでしょうか?公的年金には老齢給付、障害給付、遺族給付と、3つの給付の種類があります。今回は老齢給付にしぼり、現役時代の働き方次第で受け取れる金額や計算方法などについて、ご紹介します。

Fidelity

2022/01/17

件の結果を表示