Skip Header

REITとは

REIT(不動産投信 Real Estate Investment Trust)とは、多くの投資家から資金を集めて不動産を購入し、そこから生じる賃料や売却益を投資家に分配する投資信託です。REITは主に「投資法人」と呼ばれる形態をとり、その投資法人が「投資証券」を発行します。金融商品取引所に上場されているREITは、上場株式と同様に金融商品取引所で売買が可能です。個人で少額から取引を行うことはなかなか困難な不動産投資が、REITにより比較的簡単に行うことができるようになりました。

銘柄一覧については日本取引所グループのサイトをご覧ください。

不動産の専門家が運用

不動産の専門家が物件の選別のほか、賃貸料の回収、建物のメンテナンス等の管理運営を行います。また、複数の物件に投資して運用するので、リスク分散の効果があります。

相対的に高く安定した利回り

分配金の原資は、複数の物件からの賃料等で、安定した分配金が期待できます。またREITは、利益の多くを投資家に分配する仕組みから、相対的に高い利回りが期待されます。

少額で不動産投資ができる

実物不動産の投資には多額の資金が必要となりますが、REITは少額の資金で実質的な不動産投資を行うことができます。また、取引所を通じて売買注文が可能なことから、換金性が高いと考えられます。

REITへ投資する際に注意すべきリスクとして、不動産市場のリスク、発行体の信用リスク、価格変動リスク、金利変動リスク、災害リスク、その他のリスクがあります。投資にあたっては、これらのリスクに十分にご留意いただく必要があります。

株式、ETF、REIT、上場ベンチャーファンド、新株予約権証券、ETNといった上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」(※裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます)といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。

上場有価証券等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。