Skip Header

フィナンシャル・ウェルネス コラム

フィナンシャル・ウェルネスとは?

豊かで幸せな人生を送るためには、お金が必要です。しかし、お金が多いほど幸せかというと、必ずしもそうとは限りません。預貯金が1000万円あるといっても「それしかない」と不安に感じる人もいれば、「そんなにある」と安心する人もいるでしょう。金額の多寡だけでなく、その金額に対して自分がどう感じているかも重要といえます。

フィデリティ・インターナショナルでは、お金の面から幸福度を測るモノサシとして「フィナンシャル・ウェルネス」という考え方をグローバルで紹介しています。客観的な「数字」と主観的な「感情」という2つの要素からお金の問題にアプローチする、フィデリティ独自のフレームワークです。

フィデリティでは、以下の4つの角度からお金の問題にアプローチすることを提案しています。

家計管理(Budget)

家計の収支(キャッシュフロー)を把握し、健全化を図るのが家計管理(Budget)の大事な役割であり、フィナンシャル・ウェルネスの出発点にもなります。

負債(Debt)

負債(Debt)は主にローン(借金)のことです。ローンにはさまざまな種類があります。ローンについて理解し、賢く利用することが適切な家計管理につながります。

資産形成(Savings)

資産形成(Savings)は将来の家計管理と言えます。これから先に起こるライフイベントを踏まえてお金の使い道(ゴール)を定め、プランに沿ってお金を貯めます。

万が一への備え(Protection)

病気やケガで働けなくなったりた場合への備え(Protection)は、とても重要です。もしもの時に慌てないよう、公的保障制度や民間の保険などへの理解を深めましょう。

4つの分野にバランスよく取り組もう!

今の時点で準備ができていなくても、心配はいりません。フィナンシャル・ウェルネスの向上、つまりお金の面からの幸福度を高めるために、今日から4つの分野について具体的に取り組みましょう。

  1. 家計管理:現在の家計収支のチェックと今後のプランの作成
  2. 負債:借り入れ状況と残高削減の手段の確認
  3. 資産形成:ゴールの設定と達成に向けたプランニング、継続的に実行できる仕組みづくり
  4. 万が一への備え:適切な保障かどうかの確認

これら4つの分野については、バランスよく取り組むことが大切です。1つに注力してほかの3つをおろそかにしては、フィナンシャル・ウェルネスが十分に満たされているとは言えません。今日から早速、フィナンシャル・ウェルネスを意識して、具体的なアクションにつなげてください。

「フィナンシャル・ウェルネス」とは

「フィナンシャル・ウェルネス」とは、お金と幸福度をはかるものさしで、4つの分野にスポットを当てて検証する、フィデリティが独自に開発したフレームワークです。動画にてご紹介しております。

フィデリティ証券の商品・サービス

お客様の資産運用をサポートするフィデリティ証券ならではの商品・サービスの一例をご紹介します。

None

投資信託の購入時手数料がずっと無料に

新規口座特典で最初の3ヵ月間はすべての投資信託(ファンド)の購入時手数料が0%(無料)、さらにオンライン取引のすべてのファンド購入時手数料がずっと無料になるオンライン0%プログラムもご用意。

None

投信積立 完全無料宣言

1,000円から始めることができる投信積立。フィデリティ証券なら積立時のファンド購入時手数料はずっと無料(0%)です。

None

ロボ+ヒトが実現する新しいお任せ運用

すべてをロボ任せではなく、ロボを活用しながら、フィデリティの運用部門が運用状況のモニタリングやポートフォリオの最適化を担います。フィデリティが得意とするアクティブ運用を採用し、最適な資産配分と超過利益の最大化を目指します。