Skip Header

万が一への備え(Protection)

万が一に備えてどれだけのお金を準備すべきか、自信を持って言える人は少ないです。将来をすべて見通すことが難しいからです。しかし、その時になって自分や遺族が慌てないよう、早いうちに準備することが大切です。まずは3-6カ月分の生活費を用意しましょう。病気になったり、職を失ったりしても一定期間を問題なく過ごせるお金があれば、不安が和らぎます。

その上で、自分に適用される保障を確認しましょう。日本は国民皆保険・皆年金で、すべての国民が公的な保険・年金制度に加入しています。力強い味方は、公的年金保険の遺族給付です。勤務先での死亡退職金や特別弔慰金の制度の有無も重要です。これらの保障を確認した上で、必要であれば民間の生命保険などへの加入を検討するとよいでしょう。大切な人のために、遺言書を作成しておくこともポイントです。

新規コラムは順次掲載します。ご期待ください。