口座開設 お問い合わせ よくあるご質問・使い方 お気に入り ログアウト
Skip Header
ホーム フィデリティを選ぶ理由 やさしい資産運用ガイド

やさしい資産運用ガイド

証券口座(総合取引口座)とは

お客様が投資信託や株式を売買するためには、取引の仲介役となる証券会社を通す必要があります。証券会社でまず開く口座を「総合取引口座」といいます。口座開設費や管理費は無料です。

分別管理について

銀行がもし潰れてしまった場合に、1,000万円(+利息)までの預貯金は戻ってくるペイオフという制度はお聞きになったことがあるかもしれません。では、証券会社が潰れてしまった場合に、お客様の預けている有価証券やお金はどうなるのでしょうか。
証券会社はお客様からお預かりしている大切な有価証券やお金を「顧客資産」として、証券会社自身が保有する有価証券やお金とは分別して管理しています。これを「分別管理」といい、金融商品取引法第43条の2および43条の3で義務づけられています。この分別管理により、すべての資産の安全な管理が徹底されます。万が一、証券会社が破たんしても、そのすべてをお客様にお返しできるような仕組みになっています(ただし、預金と違い、証券については元本価格の変動があることには注意が必要です。)

特定口座と一般口座

投資信託や株式等の譲渡益(売却益)や配当金には基本的に税金がかかりますので、原則として投資家自身が確定申告を行って納税します。しかし投資家の納税手続きを軽減させるため、証券会社が口座内税務計算の代行を行う制度として「特定口座」があります。特定口座を開設しない場合は、一般口座でお取引いただくことになります。
特定口座には、「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類があります。「源泉徴収あり」を利用すると、口座内で発生した1年間の損益が自動的に通算され、納税も証券会社が代行いたします。一方、「源泉徴収なし」を利用する場合は、証券会社から送付される年間取引報告書をもとに、投資家自身で確定申告を行います。投資信託の分配金や、株式の配当金についても、特定口座の対象となっています。

None
None

MRFとは

MRFとは「マネー・リザーブ・ファンド」の頭文字を取った言葉で、元本の安全性に配慮した投資信託のことです。お客様が総合取引口座に入金されると、そのお金は自動的にMRFを買付し、出金や有価証券の買付までの間も無駄なく運用する仕組みになっております。また、有価証券の売却代金、分配金が口座に入金された際も同様に、自動的にMRFを買付けます。(フィデリティ証券で2005年4月20日以前に口座開設されたお客様や、途中でMRF口座を閉鎖されたお客様の場合、MRFの代わりに、お預かり金となります。)

MRFについて詳しくはこちら

None