手数料優遇情報

ETNの特徴

ETNとは

ETN(Exchange Traded Note)は、ETFと同様に価格が特定の指標に連動する商品ですが、ETFとは違い、裏付けとなる現物資産を持たず、金融機関(発行体)がその信用力をもとに価格が特定の指数へ連動することを保証した証券です。

ETNの特徴

裏付けとなる現物資産を持たない
信用力の高い金融機関が特定の指標に連動性を保証することとなるため、裏付けとなる現物資産は保有していません。よって、ETFでは組成が難しい株式や希少性の高い資源等を投資対象とすることが可能です。
トラッキングエラーが発生しない

金融機関が対象指標と償還価額が連動するよう保証するため、運用に係る手数料分を除きトラッキングエラーは発生しません。

様々な対象指標に連動が可能

裏付けとなる現物資産を保有しないため、外国人への投資規制が存在する新興国株式や、希少資源、時間の経過とともに劣化してしまう農産物等のような保有が困難な対象指標でも組成が可能です。

ETNへ投資する際に注意すべきリストとして、概ね発行体の信用リスク、価格変動リスク、流動性リスク、その他のリスクがあります。投資にあたっては、これらのリスクに十分にご留意いただく必要があります。

詳しくは日本取引所グループのウェブサイトをご確認ください。

株式、ETF、REIT、上場ベンチャーファンド、新株予約権証券、ETNといった上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」(※裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます)といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。

上場有価証券等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。