• フィデリティとは
  • 資産運用
  • NISA(ニーサ)
  • マイページ(ログイン)
  • 資産運用トップ
  • ファンドを探す
  • ランキングから探す
  • キャンペーン・新着情報
  • マーケット情報
  • 手数料等
  • お取引のご案内

お気に入りの活用方法はこちら

    ETNとは?

    ETN(イー・ティー・エヌ)とは?

    ETNとは、「Exchange Traded Note」の略で、「上場投資証券」または「指標連動証券」と呼ばれています。

    ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)と同様に価格が特定の指標に連動する商品ですが、ETFとは違い、ETNは裏付けとなる現物資産を持たず、金融機関(発行体)がその信用力をもとに価格が特定の指数へ連動することを保証した証券(Note)です。

    ETNの特長

    特長(1):裏付けとなる現物資産を持つ必要がないため、さまざまな対象指標でも組成が可能
    ETFでは組成が困難な指標、たとえば、外国人への投資規制が存在する新興国の株式や希少性の高い資源、時間の経過ともに劣化する農産物などであっても、ETNであれば裏付けとなる現物資産を持つ必要がないため、組成が可能です。
    特長(2):トラッキングエラーが発生しない
    ETFは、実際に運用会社が現物資産を保有して運用するため、運用の結果次第では対象指標とETFの基準価額との間に乖離(トラッキングエラー)が生じる場合がありますが、ETNは対象指標と償還価額が連動するように金融機関(発行体)によって保証されているため、運用にかかる手数料分を除き、トラッキングエラーは生じません。
    ※実際の市場での取引においては、需給の関係などから必ずしも対象指標の価格で購入できるとは限りません。
    特長(3):国内株式と同じ税率・手数料でお取引が可能
    ETNは、日本国内の信託法にもとづいて発行される「受益証券発行信託の受益証券」(JDR)であり、税務上、国内株式と同様の証券税制が適用されます。
    フィデリティ・ダイレクトでETNをお取引いただく場合は、国内株式と同様の手数料にてお取引いただけます。さらに、特定口座なら同口座内において他の株式や投資信託との損益通算ができます。
    ETNをお取引いただく際のご注意事項
    ETNは、発行体となる金融機関の信用力をもとに発行される証券のため、発行体の破綻や財務状況の悪化等により信用力が損なわれた場合、ETNの価格が下落したり無価値となる可能性がありますので、ETNをお取引される際はあらかじめこうした発行体の信用リスクを十分にご理解いただきますようお願いいたします。

    ETNについての詳しい内容はこちら:東京証券取引所(ETNとは?)

    株式、ETF、REIT、上場ベンチャーファンド、新株予約権証券、ETNといった上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」(※裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます)といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。

    上場有価証券等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。