口座開設 お問い合わせ よくあるご質問・使い方 お気に入り ログアウト
Skip Header

なぜ今積立が必要なのか?!

退職後に必要になる金額はいくらになると思いますか。金額の目安や準備の方法を確認しまだまだ先の話と先延ばしにしていた老後のお金について考えてみましょう。

突然ですが老後を迎えるまでに4000万円用意できますか?!

None

1生活費レベル68% フィデリティ退職・投資教育研究所「2009年の家計調査」退職後の生活費結果を引用。

60歳で退職をしてから95歳までの35年間で必要になる生活費は1億4280万円(※2)。 
年金や退職金(※3)を考慮しても 3893万円を準備しておくと、より安心して60歳以降の人生を迎えることが出来ます。 
この図は、セカンドライフをより安心して過ごすためにいくら必要かを考えるための計算式です。

2クラブ・フィデリティ「資産形成&管理ラボ 退職後の生活費、本当はいくら必要?2018年1月19日」を加工してフィデリティ証券が作成

3(出所)フィデリティ退職・投資研究所が実施した退職者8000人アンケート2015
(注)各数値は計算を分かりやすくするための仮定の数値

未来のお金を作りませんか?

4000万?と思った方。諦めないでください。誰でもスタートは小さな一歩から。

大きな目標のための小さな一歩を踏み出してみませんか? 
未来のためにいくら準備をしたらいいのか?どうやって準備をするのか一緒に考えてみましょう。

どうやって準備する? 
選択肢の一つに未来のお金をファンド積立で用意することも考えてみませんか。

もちろん銀行に預金しコツコツ貯金するのもいいと思います。 
ですが、これからは減らさないだけでなく増やすことにも意識を向けてみませんか。 
未来のお金をファンド積立で準備することで、どのように増えるのか一緒に考えてみましょう 
【ケーススタディ】4000万円を目標金額とし、3%と0.1%でファンド積立を行う場合(30年間) 
→月々の 必要積立額を確認してみましょう。

None

0.1%と3%で運用した場合を比較すると、月々の積立額が4万円ほど変わります。 
今回はリターンを3%で試算しましたが、それ以上のリターンで運用(効率よく運用)が出来れば月々の積立投資金額は少なくて済みます。ただし、リターンが高くなればリスクも高くなりますので、自分が何を求めているか?どれくらいお金を準備する必要があるのか?確認しながら積立するファンドや金額を考えてみましょう。

上の図では4000万円を目標にファンド積立をした場合の例をあげましたが、未来のお金の作り方は自由です。 
教育資金や住宅ローン等何か自分の目標とする金額を決めて初めの一歩を踏み出してみるのもいいかもしれません。

皆さんの未来のお金は、皆さん自身でつくるもの。もっと自由に目標をしっかり定め、初めの一歩を踏み出してみませんか。

ご注意事項
当シミュレーションは実際の投資結果とは異なり将来の成果を約束するものではありません。申込手数料・税金等は一切考慮していません。利回りは、再投資され、複利計算をおこなったと仮定して計算されております。


ここまで未来のお金を準備する手段の選択肢の1つとしてファンド積立を提案しました。 
次にファンド積立を始めるタイミングについて考えてみましょう。
None

結論から言って、いつから積立投資を始めるのが望ましいという正解はありません。 
始めようと思ったその時からチャレンジしてみてください。 
ただし運用の成果や投資額により目標金額達成までの期間は異なりますが、数千万円を準備しようとなると30年、40年という長い期間が必要となります。

30年、40年と積立し続けると考えると途方に暮れるかもしれませんが、たとえば「1回のランチ代1000円から毎月始めてみる」「昇給のある来年から2万円ずつ始める」などライフスタイルに合わせて、今できることから始めてみてはいかがでしょうか。

30年、40年先のことに、ピンとこないかもしれませんが、大切なことは以下の3つです。

  • 現役世代のうちから老後に備えて余裕資金を少しずつ作りましょう。
  • 効率よく運用するために資産分散 時間分散しましょう。
  • 短期間で無理に準備せず、今からコツコツ積立てる重要性に早く気付いて始めましょう。
基本セオリー2:投資のプロが運用
ファンド(投資信託)はどういう仕組み?
基本セオリー3:コツコツ投資でリスク分散
投資をするタイミングってどう決める?

口座開設費・管理料は無料です。まずは口座開設をお申し込みください。

お電話での資料請求はこちらから

口座開設のお手続きや口座開設全般に関するご質問はこちら

0120-140-460

平日8:30~18:00 カスタマー・サービス
スタート0%プログラムに関するご注意事項

口座開設日から翌々月末(最終営業日)の締切時間までのファンド申込受付分が対象です。 口座開設日とは、弊社における口座開設手続きが完了した日です。お客様の口座開設日は、口座開設手続き完了後にお客様にお送りします「口座開設手続き完了のお知らせ」に記載されます。本プログラムの実際の適用開始日は口座開設日の翌営業日となります。ファンドにより申込締切時間が異なる場合がございます。詳しくは弊社ウェブサイトの各ファンドページを ご参照いただくか、カスタマー・サービスまでお問い合わせください。ファンド積立は、初回引き落としまでに時間がかかるため、本プログラム期間内のお取引が間に合わない場合があります。 取り扱いファンドには、プログラム適用の有無にかかわらずノーロードファンドも含まれます。 今後弊社の判断により、本プログラムを中断、変更または終了することがあります。

投資信託(ファンド)のお申し込みに関するご注意事項

ご案内の商品は、価格の変動等により損失が生じる恐れがあります。投資の判断はお客様自身の責任においてなさいますようお願いいたします。ご案内している個別の投資信託の中には、お客様の投資経験や、金融商品に関する知識、余裕資金の保有状況といったリスク許容度に対してリスクの高い商品が含まれていることがあります。実際の商品選択は、こうしたお客様のリスク許容度と照らし合わせてご検討くださいますようお願いいたします。

リスクについて

投資信託は株式、公社債等の値動きのある証券(外国証券には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は変動し、したがって投資元本および利息の保証はありません。よって、保有期間中もしくは解約又は売却時の投資信託の価額は、ご購入時の価額を下回ることもあります。こうした運用の損益はすべて投資信託をご購入のお客様に帰属します。また、運用状況によって収益分配金の支払額は変動することがあり、あるいは支払われない場合があります。投資信託は、預金又は保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護の対象にはなりません。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご確認ください。目論見書の入手方法についてはフィデリティ証券にお問い合わせください。

費用等について

投資信託のお取引では、以下の費用をご負担いただきます(税込)。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。また、費用等の合計額については、投資信託の保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。

  • 申込時に直接ご負担いただく費用:購入時手数料(投資信託の購入金額に対して最大3.24%)
    フィデリティ証券では金額指定にて投資信託の買付のお申し込みを承っております。この場合の購入時手数料は、購入金額(購入口数×当該買付に適用される基準価額)に各投資信託の所定の手数料率(税込)を乗じた額となり、お申込金額(ご指定いただいた額=お支払いいただく金額)の中からいただきますので、お申込金額全額が当該投資信託の購入金額となるものではありません(内枠式)。
  • 換金時に直接ご負担いただく費用:信託財産留保額(換金時の基準価額に対して最大1.0%)
  • 保有期間中に間接的にご負担いただく費用:運用管理費用(信託報酬)(信託財産の純資産総額に対して最大年率2.538%。但し、純資産総額が減少した場合、実質的にこれを上回ることがあります。)
収益分配金に関するご注意事項

投資信託における分配金は預貯金の利息とは異なり、運用状況によっては分配金額が変わったり支払われない場合もあります。したがって、分配金支払いの実績についての記述は、あくまで過去の実績に関するものであり、将来の運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。分配金は計算期間中に発生した収益を超えて支払われる場合があります。その場合、決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。投資者のファンドの購入価額によっては、ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さい場合もあるため、分配金の一部又は全てが、実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。

通貨選択型の投資信託に関するご注意事項

通貨選択型の投資信託は、株式や債券等といった投資対象資産に加えて、為替取引の対象となる円以外の通貨も選択することができるよう設計された投資信託です。通貨選択型の投資信託の収益源としては、投資対象資産の価格の上昇、為替取引によるプレミアム(金利差相当分の収益)、為替差益が挙げられます。一方で、投資対象資産の価格の下落、為替取引によるコスト(金利差相当分の費用)、為替差損により損失やコストが発生する場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。

ファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」のお申し込みに関するご注意事項
  • 積立のお申し込みをされたファンドの償還または弊社の販売停止により、募集の取り扱いが終了となることがあります。その場合、当該ファンドについて積立の解約の申し込みがあったものとして取り扱われます。
  • 指定金融機関口座から自動引き落としの場合、積立対象ファンドの未登録や残高不足等の理由により引き落としがなされない状況が相当期間継続すると、自動引き落としが停止されることがあります。自動引き落としが停止となった場合は、ファンド積立サービスによる買付が停止され、再開には必要残高の保有のみならず、ウェブまたはお電話で再開手続きをお取りいただくことが必要になります。
  • 証券口座振替の場合、総合取引証券口座お預り金やMRFの残高不足等により証券口座からの振り替えが相当期間できなかった場合は、ファンド積立サービスによる買付が停止され、再開には必要残高の保有のみならず、ウェブまたはお電話で再開手続きをお取りいただくことが必要になります。
  • 「いつでも積立(証券口座振替)」では、お客様がご指定の日付または曜日が休業日の場合、翌営業日に買付申し込みを行います。また、29日~31日を買付申込日に指定し、該当する日付が存在しない場合は、その月の最終日に買付申し込みを行います。なお、最終日が休業日の場合は、翌営業日に買付申し込みを行います。
  • お客様のお預り金またはMRFの残高が、ファンド積立の払込金総額に満たない場合、弊社所定の優先順位に従い、買付可能な範囲で買付申し込みを行います。
  • 「いつでも積立(証券口座振替)」は、「つみたてNISA」ではご利用できません。