口座開設 お問い合わせ よくあるご質問・使い方 お気に入り ログアウト
Skip Header

5つのセキュリティ対策

フィデリティ証券では、高いセキュリティレベルを維持するために、5つの対策を実施しております。 これにより、大切なお客様の個人情報やご資産を安全に守り、安心してお取引いただける環境をご用意しております。

対策1: お取引時の安全

ログイン・ログアウト時の安全確保。

1.一定時間経過後の自動ログアウト機能
インターネットの取引画面「マイページ」で一定時間操作がない状態が続いた場合は 自動的に「マイページ」からログアウトし、インターネット取引を終了させていただきます。 これはお客様の資産状況やお取引内容などを第三者に盗み見られないための機能です。

2.前回ログイン日時の表示
「マイページ」へログイン後、トップ画面には前回ログインされた日時が表示されます。身に覚えのない不正なログインがないかなどをご確認いただけます。

3.インターネット取引専用パスワードの一時停止
「マイページへのログイン」および「インターネットでのお取引」のパスワードの入力に制限を設けております。なりすましによるログインや不正なお取引を防ぐため、制限以上の誤入力があった場合は、お客様の「インターネット取引専用パスワード」のご利用を一時的に停止させていただきます。
ログインできなくなってしまった場合は、カスタマー・サービス(0120-405-606 平日8:30~18:00)にお電話いただくか、 マイページのログイン画面からパスワードを再発行いただきますようお願いいたします。

お客様への2つのお願い

対策2:SSL 128bitによる暗号化

お取引内容は暗号化。安心できる通信環境の確保。

ログイン前後の画面や口座開設、資料請求等のお客様の個人情報やお取引情報をご入力いただく画面は、すべて128bitSSL(Secure Sockets Layer)という強力な暗号化通信技術を採用しております。インターネット上でお客様の重要な情報が盗まれたり、故意に書き換えられたりしないよう安全に保護しております。

  • SSLとは
    Secure Sockets Layerの略。米Netscape社により提唱されたプロトコル(通信方式)です。通信の暗号化と認証を行なうことによって、第三者によるデータの盗用や改竄が極めて低く抑えられます。
     
対策3:ファイアウォール

個人情報を管理するサーバへの外部侵入防止。

お客様の情報を管理するサーバには、最新の技術により構築した強固な防御システム(ファイアウォール)を設置しております。
※セキュリティ上、具体的な内容に関するお問い合わせはお答えしておりません。あらかじめご了承ください。

 

対策4:データバックアップ

毎日のデータバックアップで、災害による損失回避。

お取引等のお客様の情報は、毎日バックアップを取っております。データは、地震や火災等の災害によるデータ損失も回避できるよう安全な遠隔地に保管しております。
※セキュリティ上、具体的な内容に関するお問い合わせにはお答えしておりません。あらかじめご了承ください。

 

対策5:個人情報管理

お客様の本人確認、個人情報の管理徹底。

1.カスタマー・サービスによる本人確認の徹底
カスタマー・サービスへお電話いただく場合、お客様の口座番号と暗証番号でご本人確認を行っております。 
なりすまし等による犯罪被害を防ぐために必要な手順ですので、お手数おかけしますが、ご協力お願いいたします。

2.個人情報管理の徹底
フィデリティ証券では、お客様の大切なご資産および個人情報の漏洩防止措置として「個人情報保護規程」を定めるとともに、当社従業者(一般役職員、パートタイマー、派遣労働者などを含む)、その他委託先等の関係者に周知徹底させて実行し、改善・維持しております。詳しくはプライバシーポリシーにてご確認ください。

プライバシーポリシー(個人情報保護宣言)

3.Cookieについて

当社のサイトでは、Cookie情報を取得し、ウェブサイトの利用状況に関する統計分析や広告掲載等に利用する場合があります。情報取得によりお客様により良い情報やサービスをご提供していくことを目的としております。また、お客様個人を特定する情報の収集はいたしません。
Cookieとは、お客様がウェブサイトを訪れた際にお客様のコンピューター内に記載される小さなテキストファイルのことで、それによりコンピューターを識別することができます。
Cookieはお客様のブラウザの設定により機能を無効にすることができますが、その場合に当社からのサービスが一部受けられなくなる場合がありますので、ご了承ください。
また、広告の配信を委託する第三者への委託に基づき、第三者を経由して、Cookieの情報を保存し、参照する場合があります。