Skip Header

より良い世界をつくるために出来ることESG&SDGsファンド

ESG, SDGsは昨今、会社の新しい評価軸となってきており、どのような取り組みをしているかを投資の判断基準とする考えが広まっています。投資を通じてより良い未来へ貢献したい・・・今回は、投資対象にESG等の観点を加味して運用を行うファンドをご紹介します。

ESGに着目し持続的な成長が期待できる企業に投資を行うファンドラインアップ

ESGとは、 Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の3つのキーワードの頭文字をとった言葉です。環境や社会への貢献、質の高いガバナンス体制に取り組んでいる企業は長期にわたって成長し収益拡大が期待できると考えられています。

ブラックロックESG世界株式ファンド

None

各企業のESGに着目しながら、先進国の企業または先進国に主要な業務基盤がある企業の株式ならびに株式関連商品(デリバティブ含む)等に投資します。

為替ヘッジありの詳細をみる→

為替ヘッジなしの詳細をみる→

シュローダー・アジアパシフィックESGフォーカス・ファンド (資産成長型)

None

日本を含むアジアパシフィック諸国の株式を実質的な主要投資対象とし、銘柄選定にあたってはESGの観点を加味します。

ファンド詳細はこちら→

SBIグローバルESGバランスファンド

None

ESG投資及びインパクト投資の手法により、世界の株式及び債券等(社債、政府保証債、政府機関債、国際機関債等)に投資します。

為替ヘッジありの詳細をみる→

為替ヘッジなしの詳細をみる→

環境や社会問題の解決への取り組みが新しい市場を作り社会へ良いインパクトを与える企業に投資を行うファンドラインアップ

SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略で、持続可能な開発目標という意味です。国連サミットで採択された17の目標と169のターゲットに対し、イノベーションの力で解決に向き合い取り組む企業は投資収益の拡大にも繋がると考えられます。

世界インパクト投資ファンド

None

主に世界の株式の中から社会的な課題の解決にあたる革新的な技術やビジネスモデルを有する企業に投資します。

ファンドの詳細をみる→

ニッセイSDGsグローバルセレクトファンド

None

日本を含む世界各国のSDGs達成に関連した事業を展開する企業のなかから、株価上昇が期待される銘柄を厳選し投資します。

資産成長型・為替ヘッジありのファンドの詳細をみる→

資産成長型・為替ヘッジなしのファンドの詳細をみる→

朝日ライフSRI社会貢献ファンド

None

国内の上場株式を主要投資対象とし、ビジネスを通じて社会的課題に積極的に取り組み、社会に貢献する企業の株式に投資します。

ファンドの詳細をみる→

ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド(愛称:ポジティブ・チェンジ)

None

好ましい社会的インパクトをもたらす事業によって、長期の視点から成長が期待される世界各国の企業の株式等に投資します。

ファンドの詳細をみる→

 

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・グロース・オポチュニティーズ(愛称:GGO)

None

主として日本を含む世界各国の株式のうち成長の可能性が高いと判断されるセクターにおいて、環境や社会指向等の持続可能な成長が見込まれるサステナブル投資テーマに基づき、魅力的な銘柄に投資します。

ファンドの詳細をみる→

 

DWS 新資源テクノロジー・ファンド(愛称:グローバル・シフト)

None

グローバルな需要のシフト(変化・増大)に対応するため、注目される「生活基盤」、「食糧」、「クリーン・エネルギー」の3つのテーマに関連する事業を有し、成長が見込まれる世界各国の株式を中心に、DWSが独自に定めた標準的ESG基準を適用し投資します。

ファンドの詳細をみる→

 

ESGの中でも特に環境関連分野に取り組む企業に着目して評価選定を行うファンドラインアップ

地球温暖化防止を中心に、環境に配慮しながら持続的な成長を実現する新技術、サービスなどで「環境」という大きなテーマの問題へ取り組む企業は成長が期待できる優良企業であると考えられます。

iTrust エコ・イノベーション

None

主に世界の環境関連企業の株式 に投資します。
環境関連ビジネスに影響をおよぼす様々な要因や市場動向等に鑑み、投資妙味がある分野・銘柄を厳選し、機動的に運用します。

ファンド詳細はこちら→

日興 エコファンド

None

日本の環境関連優良企業 (エコ・エクセレントカンパニー)の中から成長が期待できる企業の株式を中心に投資します。

ファンド詳細はこちら→

気になるファンドはありましたか?

「欲しいものリスト」に登録しておくと、いつでも基準価額やリターンの確認、また複数ファンドの比較が可能です。(欲しいものリストに追加するには、ログインする必要があります)

None

各ファンドのリスク・費用については、「ファンド詳細はこちら」をクリックのうえ「投資信託説明書(目論見書)」でご確認ください。

上記はファンド選びの参考情報としてご案内するもので、記載されている特定のグループやカテゴリに属すると考えられるファンドを推奨または勧誘するものではありません。ご紹介内容は本資料作成時点のものであり事前の連絡なしに変更される場合があります。

取り扱いファンド数は2021年4月末現在。

600本以上のラインアップから様々な検索条件でお選びいただけます!

新規取り扱いファンド一覧を見る
ファンドランキングから探す
モーニングスターアワード

受賞ファンド一覧

リッパーアワード

受賞ファンド一覧

新規口座開設のお客様

カスタマー・サービス

0120-140-460

平日8:30~18:00 口座開設・資料請求

口座をお持ちのお客様

カスタマー・サービス

0120-405-606

平日8:30~18:00 マイページ
投資信託(ファンド)のお申し込みに関するご注意事項

ご案内の商品は、価格の変動等により損失が生じる恐れがあります。投資の判断はお客様自身の責任においてなさいますようお願いいたします。ご案内している個別の投資信託の中には、お客様の投資経験や、金融商品に関する知識、余裕資金の保有状況といったリスク許容度に対してリスクの高い商品が含まれていることがあります。実際の商品選択は、こうしたお客様のリスク許容度と照らし合わせてご検討くださいますようお願いいたします。

リスクについて

投資信託は株式、公社債等の値動きのある証券(外国証券には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は変動し、したがって投資元本および利息の保証はありません。よって、保有期間中もしくは解約又は売却時の投資信託の価額は、ご購入時の価額を下回ることもあります。こうした運用の損益はすべて投資信託をご購入のお客様に帰属します。また、運用状況によって収益分配金の支払額は変動することがあり、あるいは支払われない場合があります。投資信託は、預金又は保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護の対象にはなりません。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご確認ください。目論見書の入手方法についてはフィデリティ証券にお問い合わせください。

費用等について

投資信託のお取引では、以下の費用をご負担いただきます(税込)。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。また、費用等の合計額については、投資信託の保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。

  • 申込時に直接ご負担いただく費用:購入時手数料(投資信託の購入金額に対して最大3.30%)
    フィデリティ証券では金額指定にて投資信託の買付のお申し込みを承っております。この場合の購入時手数料は、購入金額(購入口数×当該買付に適用される基準価額)に各投資信託の所定の手数料率(税込)を乗じた額となり、お申込金額(ご指定いただいた額=お支払いいただく金額)の中からいただきますので、お申込金額全額が当該投資信託の購入金額となるものではありません(内枠式)。
  • 換金時に直接ご負担いただく費用:信託財産留保額(換金時の基準価額に対して最大1.0%)
  • 保有期間中に間接的にご負担いただく費用:運用管理費用(信託報酬)(信託財産の純資産総額に対して最大年率2.585%。但し、純資産総額が減少した場合、実質的にこれを上回ることがあります。)
収益分配金に関するご注意事項

投資信託における分配金は預貯金の利息とは異なり、運用状況によっては分配金額が変わったり支払われない場合もあります。したがって、分配金支払いの実績についての記述は、あくまで過去の実績に関するものであり、将来の運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。分配金は計算期間中に発生した収益を超えて支払われる場合があります。その場合、決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。投資者のファンドの購入価額によっては、ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さい場合もあるため、分配金の一部又は全てが、実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。

通貨選択型の投資信託に関するご注意事項

通貨選択型の投資信託は、株式や債券等といった投資対象資産に加えて、為替取引の対象となる円以外の通貨も選択することができるよう設計された投資信託です。通貨選択型の投資信託の収益源としては、投資対象資産の価格の上昇、為替取引によるプレミアム(金利差相当分の収益)、為替差益が挙げられます。一方で、投資対象資産の価格の下落、為替取引によるコスト(金利差相当分の費用)、為替差損により損失やコストが発生する場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。