口座開設 お問い合わせ よくあるご質問・使い方 お気に入り ログアウト
Skip Header
ホーム ファンド・株式 手数料等 株式・ETFお預り明細

株式・ETFお預かり明細

株式取引を行うためには、内部者登録情報、実質株主報告の届出をあらかじめ行う必要があります。株式の取引メニューにてエラーメッセージが表示されるお客様は、株式取引に関する申込が未了の場合があります。詳しくはカスタマー・サービスまでご連絡ください。

お預り明細

約定後のお預り明細が表示されております。
当日の買い約定、売り約定の結果がお預り明細にリアルタイムに反映します。

売却中株数

お預り明細に表示されている株式のうち、一部について売り注文を出された場合、「売却中株数」に売り注文の株数が表示されます。
売り注文が約定されると同時に、お預り明細の株数は約定後の株数に更新されます。

現在値

取引所の立会時間中:リアルタイムの現在値を表示しています。
引け後~翌朝の8時まで:直近の引け値を表示しています。(なお、その際時刻は-(ハイフン)で表示されます。)
営業日の8時以降~寄付前:気配値(売り気配値、なければ買い気配値)を表示しています。 
気配値がない場合、市場の値段がない場合は、直近の終値を表示しております。

概算簿価単価

特定口座にお預りしている銘柄については、特定口座における1株当たりの簿価単価を円未満切り捨てした値で表示しています。

特定口座での損益計算や税務計算の基準日は受渡日となります。従って、1年のお取引は、年初第1営業日が受渡日になるお取引から、年末の最終営業日が受渡日となるお取引までとなります。(約定日を基準とした計算は行いません。)

当日の売買があった場合は、その取引の内容は移動平均でリアルタイムに概算計算された簿価単価(円未満切り捨て)が表示されます。ただし、表示される簿価単価は特定口座、一般口座のいずれにおいても参考情報としてのものであり、税務上(※)は別途計算がなされますので、確定申告などにおいては、取引報告書や年間取引報告書などをご参照ください。

特定口座における税務上の計算は以下の通りとなります。
・同一銘柄を複数回買付けた場合、「総平均法」に準ずる方法で取得価額の計算を行います。
・同一日に同銘柄を複数回売買された場合、実際の注文取引の順番が「売却」の後に「買付」を行った場合でも、「買付」が先に「売却」が後に行われたものとして計算します。そのため、お客さまが想定した譲渡損益および取得価額とならない場合があります。

簿価の表示をクリックしますと、簿価単価明細照会の画面にて簿価の詳細データをご確認いただけます。ただしこの詳細画面においては、当日の売買のデータは反映しません。

一般口座にお預けされている銘柄については先入先出法で記録された、手数料・消費税を考慮した平均簿価を、円未満切り捨てした値で表示しております。

また、株式分割などがありますと、特定口座にお預けの残高については、簿価単価を分割比率で調整いたします。
(一般口座においては、分割などの簿価調整がされないため、評価損益の表示は株式分割の場合過大なマイナスなどの表示になります。簿価単価はお客様が自由に入力、編集できますので、ご活用ください。)

計算例(特定口座)

  1. 10/1(火)約定 10/4(金)受渡 買い 1000株 500円 手数料 1500円 受渡代金 501,500円
  2. 10/10(木)約定 10/16(水)受渡 買い 2000株 530円 手数料 1500円 受渡代金 1,061,500円
  3. 10/21(月)約定 10/24(木)受渡 売り 3000株 580円 手数料 1500円 受渡代金 1,738,500円
  4. 10/23(水)約定 10/28(月)受渡 買い 2000株 570円 手数料 1500円 受渡代金 1,141,500円

それぞれの取引時の簿価の計算例

  1. 簿価単価 501,500円(1000株×500円+1500円)÷1000株=501.5円 ウェブ表示は円未満切り捨て→ 501円
  2. 簿価単価 (501,500円(1000株×500円+1500円)+ 1,061,500円(2000株×530円+1500円))÷3000株=521円 ウェブB表示は円未満切り捨て→ 521円
  3. 全部売却
  4. 3の売却で、簿価は一度リセットされます。4の取引を1回目の取引として簿価の計算を再度始めます。
    1,141,500円(2000株×570円+1500円)÷2000株=570.75円 ウェブ表示は円未満切り捨て→ 570円

計算例(一般口座)

  1. 10/1(火)約定 10/4(金)受渡 買い 1000株 500円 手数料 1500円 受渡代金 501,500円
  2. 10/10(木)約定 10/16(水)受渡 買い 2000株 530円 手数料 1500円 受渡代金 1,061,500円
  3. 10/21(月)約定 10/24(木)受渡 売り 3000株 580円 手数料 1500円 受渡代金 1,738,500円
  4. 10/23(水)約定 10/28(月)受渡 買い 2000株 570円 手数料 1500円 受渡代金 1,141,500円

それぞれの取引時の簿価の計算例

  1. 簿価単価 501,500円÷1000株=501.5円 ウェブ表示/簿価単価の管理は円未満切り捨て→ 501円
  2. 簿価単価 ((1000株×501円)+ 1,061,500)÷3000株=520.8333・・・円 ウェブ表示/簿価単価の管理円未満切り捨て→ 520円
  3. 全部売却
  4. 3の受渡日の前に、買い約定があるので、この場合は簿価単価の計算は、前の買付時の簿価と連続したものとして計算する。
    ((3000株×520円)+ 1,141,500円)÷5000株=540.3円 ウェブ表示/簿価単価の管理円未満切り捨て→ 540円

なお、表示されている簿価は、特定口座、一般口座のいずれにおいても参考情報として表示しております。確定申告などにおいては、取引報告書や年間取引報告書などをご参照ください。

概算評価額

お預り明細の株数、および現在値(※)をもとに、概算評価額を計算しております。
売却中株数のある場合は、その売却中株数が売却された後の残高株数を時価で評価した金額が下段に表示されます。

取引所の立会時間中:リアルタイムの現在値を元に計算しています。
   引け後~翌朝の8時まで:直近の引け値を元に計算しています。
   8時以降~寄付前:気配値(売り気配値、なければ買い気配値)を元に計算しています。
   (気配値がない場合は、直近の引け値)

評価損益

評価損益 = 保有株数×(株価-簿価単価)

2014/7/22(火)に、東証ではTOPIX100銘柄について呼値変更が実施されます。
それ以前は、簿価単価の円未満の値がある場合は、円未満切り捨てして評価損益を計算します。

一方、2014/7/22(火)以降、株価は小数点第1位がある場合はそれを有効とし、取得価額については、小数点第1位未満を切り上げし、上記計算を行います。

例:
保有株数:1000株
株価=2,345.6円
取得価額=1,999.123円 ==> 小数点第1位未満切上げ = 1,999.2円

評価損益=1000株×(2,345.6円-1,999.2円) = 346,400円