• フィデリティとは
  • 資産運用
  • NISA(ニーサ)
  • マイページ(ログイン)

    お客様へ2つのお願い -安全にお取引いただくために-

    あなたのセキュリティ対策は万全ですか?
    まずは、チェックリストを使って振り返ってみましょう。

    セキュリティ チェックリスト

    インターネットをご利用の際は、「自己責任」と「自己防衛」が大原則です。
    特にインターネットでのお取引時においては、自己責任のもとトラブルに遭わないようご注意ください。

    お願い1 お取引時でのご注意事項

    口座番号/暗証番号/パスワードの管理

    口座番号が記載された「口座開設手続き完了のお知らせ」の管理

    当社は、お客様の口座開設手続き完了後、配達記録郵便で口座番号を記載した「口座開設手続き完了のお知らせ」をお送りしております。ご本人様以外にお客様の口座番号を知られないよう、厳重に管理ください。

    暗証番号/パスワードの管理

    口座開設時にご登録いただきました4桁の暗証番号につきましては、ご本人様以外にお客様の暗証番号が知られないよう厳重に管理ください。当社のインターネットでのお取引には、口座開設時にご指定された4桁の暗証番号に加え、インターネットお取引専用のパスワードを別途設定いただいております。
    より安全なパスワード管理を行なうために、電話番号の一部や誕生日、住所地番、車のナンバーなどお客様の情報から推測されやすい情報などでのご登録はお避けください。また、定期的なパスワードの変更を行なわれることをお勧めいたします。

    当社から、電子メールにてお客様の口座番号やパスワード等の認証情報の照会を行なうことはございません。不審な電子メールに掲載されたリンクはクリックせず、虚偽のウェブサイト上で口座番号、パスワード等の重要情報の入力を行なわないようご注意ください。
    個人情報やパスワード等を入力する際は、必ず当社ウェブサイトにアクセスしているかをご確認ください。

    なお、SSLで暗号化された通信を行なう際に使用しているドメインは(www.fidelity.jp)になります。

    前回ログイン日時の確認

    マイページトップページに前回お客様がログインされた日時が記録されております。第三者による不正進入や身に覚えのないログインがないか等を都度ご確認ください。万が一、身に覚えのないお取引を見つけたら、すぐにカスタマー・サービス(0120-405-606 平日8:30~18:00)までご連絡ください。

    不特定多数が利用するパソコンを利用しない

    お取引の際、ご自身が所有あるいは管理されているパソコン以外の使用はお控えください。
    特に、インターネットカフェ等の不特定多数の方が利用できる場所に設置されているパソコン等には、スパイウェア(第三者によって入力された個人情報をパソコン内に記憶、もしくは犯人に転送するソフトウェア)等が仕込まれている可能性があります。やむを得ずご利用された際には、すぐにパスワードの変更を行なうようお願いいたします。

    パソコンから離れる際には必ずログアウト

    パソコンから離れる際には、第三者の目に触れぬよう、必ずログアウトしてください。
    やむを得ず、インターネットカフェなど、第三者がいる環境下でのご利用時においては、パソコンの前を離れる際、都度ログアウトするよう心がけてください。

    当社からの報告物は必ず内容確認

    取引報告書等の当社からの報告物は必ず内容をご確認ください。
    万が一、身に覚えのないお取引を見つけたら、すぐにカスタマー・サービス(0120-405-606 平日8:30~18:00)までご連絡ください。
    また、お客様の責任のもと厳重に管理および破棄をお願いいたします。

    お願い2 ご利用環境の安全確保

    アンチウィルス、アンチスパイウェア対策ソフトのインストール

    コンピューター・ウィルス対策として、アンチウィルス、アンチスパイウェア対策ソフトをインストールすることをお勧めいたします。また、最新のウィルスを防ぐには、ウィルス対策ソフトウェアを定期的に更新する必要があります。ほとんどのウィルス対策ソフトウェアは、自動的に更新するように設定できます。

    ■ウィルス対策ソフトウェアとは
    ウィルスやワーム等の悪意のあるソフトウェアプログラムを検出、予防、無効化、または削除するコンピュータープログラムです。

    ■コンピューター・ウィルスとは
    コンピューターの動作を妨害したり、データを記録、破損、削除したり、他のコンピューターやインターネット全体に自動的に広まるように故意に設計されたソフトウェアプログラムです。

    OSやソフトウェアは常に最新に

    パソコンのOSおよびアプリケーションは常に最新のバージョンにアップデートすることをお勧めいたします。
    これらは、バージョンアップの際にセキュリティ強化が行われている場合もございますので、定期的なチェックも行うように心がけてください。

    パーソナルファイアウォールの設定

    ネット上のトラフィックを常時監視し、不正侵入、不正外部アクセスからパソコンを守るパーソナルファイアウォールのインストールをお勧めいたします。これは、インターネットに繋いでいる時に、ご利用中のパソコンへの無許可のアクセスを防ぎます。

    ■パーソナルファイアウォールとは
    ファイアウォール (Firewall) ="防火壁"
    インターネットから使用中のコンピューターへの不正な侵入を防ぐためのソフトウェアです。
    一般的には企業や学校内のネットワークを守るためのシステムのことを指しますが、パーソナルファイアウォールは、主に個人のパソコンを守るために使うソフトウェアを指します。

    無線LAN環境の安全確保

    無線LANにてお取引される際は、セキュリティ対策が施されているかお確かめの上ご利用ください。また、たとえ暗号化に対応していても、同じ無線LANを利用している端末同士では情報を見られてしまう可能性もあります。ご自宅でのご利用においても特にご注意いただき、未使用時の接続については無効にするようお勧めいたします。

    ファイル交換ソフト使用を控える

    ファイル交換ソフトを狙ったウィルス感染や詐欺があります。お取引にご利用されているパソコンでは、ファイル交換ソフトのご利用はお勧めできません。たとえご自身がご利用されていなくとも、パソコンを共有する第三者が利用している可能性がありますので、パソコンにインストールされていないか、検索ツールなどで定期的に確認を行なうようお勧めいたします。

    ■ファイル交換ソフトとは
    インターネットに接続した不特定多数のファイル交換ソフトユーザー間でデータファイルを共有することができる、アプリケーションソフトです。ネットワークタイプからP2P(Peer to Peer)ソフトとも呼ばれています。

    個人情報などは、電子メールで送らない

    電子メールをご利用の際、送信相手に個人情報を安易に送るのは控えるよう心がけてください。お取引時の口座番号、暗証番号、パスワード等の個人情報は特に危険です。メール暗号化ツールなどもありますが、日頃から電子メールにはこのような個人情報を明記しないよう習慣化することをお勧めいたします。